忍者ブログ

漫画の描ける漫画喫茶

2012年12月03日
だいぶ前に「漫画が描ける漫画喫茶」というものがあると夕方のニュースで知りまして、土曜日に丸一日自由に出かけてよいと家族に許可をもらったので行ってみました。
普通の漫画喫茶のように座席がいくつかあり、そのうち、漫画を描くための机が6つ。机の上にペンや墨汁などの画材が置いてあって自由に使えるのです(スクリーントーンや漫画原稿用紙は有料です)。漫画もめずらしいものが置いてあるし、背景や人物を描くための資料がいっぱいあります。
お昼時に行ったら描く用の机は満席。しばらくしてから空いたので案内してもらいました。
その後もお客さんが来て「あ、満席ですか〜」という声が聞こえました。常連さんのようでした。

周りにはペンを走らせる音が響きます。若い人ばっかり。そしてみんな上手かったです!
私はネームを描く事しかできなかったので、ちょっと恥ずかしかったです。

漫画を描く人には刺激になって良いと思いました。
行った場所は名古屋は大須にある「漫画空間」といいます。

日曜日のことを「つづきはこちら」に書きます。どうでもいい出来事です。
車で外出中、何気なく旦那にビックリマンチョコを買ってあげたら、金色のシールが出てきました。「聖フェニックス」とか言って、たいそう喜んでいました。
その1時間後、旦那がポケットの中や車の中を何やら探しているではありませんか。聞いてみるとさっきのシールが無いとの事。運転席のドアのポケットの部分にポイと入れていたそうです。
私は一緒に探しました。自宅へ帰るまでに立ち寄った場所にも行きましたが見つかりません。旦那は肩を落としました。その後も2度、一人で外出先を探しに行きました。

結果は同じでした。
「大事にしないから、羽ばたいて逃げてっちゃったんだよ」と私は言いました。
家に残ったのは、今まで買ったチョコについていた、たくさんのシール(一番多いのが悪魔)だけ。

もしTSUTAYAの駐車場でシールを拾った方はご一報ください(無理か)。

以上、どうでもいい話でした。
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PR